こどもと快適に過ごせる国は?- ロングステイフェア2018

現地に住んで、暮らすように旅をする

旅が好きな私はこどもと一緒に楽しく安全に滞在できる国はどこかな〜、といつも考えています。

ということで先日、
東京国際フォーラムでのロングステイフェア2018に行ってきました。

会場には、ロングステイ人気の国がズラリ。

・タイ
・ハワイ
・マレーシア
・インドネシア

からの企業が多かった印象。

リタイヤしたシニア向けのステイがメインなのかな〜という感じでしたが
親子留学も増えてきているという話も。

そして、ロングステイヤーに人気の国は

マレーシア!!!

12年連続ナンバー1だそうです。

マレーシアが人気の理由は、

気候が温暖
・年間を通して25〜33度

ビザが取りやすい
・日本国籍なら、3ヶ月パスポートのみで滞在ができる
・ロングステイ向けのMM2というものもある(投資向けに使う場合も)

物価が比較的安い
・東南アジアの生活費は安いので、日本と同じ金額でもより豊かな生活ができます

発展している
・クアラルンプールには日本人も多く、インターナショナルスクールもある

治安がよい
・道路、インターネット、医療など基本的なインフラは心配なし!

英語が通じる
・多文化なので、多少ブロークンイングリッシュでもOK!

日本から近い
・東京ークアラルンプール間は7時間。
新千歳から週4便、
羽田から週14便、
成田から週24便(!)、
関西から週17便
フライトもたくさん。

クアラルンプールの地下鉄はこんな感じです。

マレーシアは他民族(中華系、マレー系、インド系)なので
英語が通じるのは大きいと思います。
交通のサインなども英語表記があるので、助かる!
(タイだと、全くわからなかった!)

そして、日本人としても
「完璧な英語でなくていい」というのは
プレッシャーも少なく(笑)
話しやすい。

中華系、マレー系、インド系の人々が住んでいるので
「日本から来た」
と言っても受け入れてもらいやすいんですね。

あとは、食べ物もカレーとか、チキンとか、中華料理、飲茶などもあって
こどもでも食べやすいかな、という印象があります。

でも、一般的には東南アジアは安い印象がありますが
こどもがいると生活コストは下がらないですね。
日本とあまり変わらない気が・・または、それ以上?!

若者のバックパッカー並みにすれば生活コストは抑えることもできると思いますが
子供がいると屋台とかは食べないし、住まいも安全対策も大人だけより多い、、
(ちなみに、バンコクの家賃は東京並み、日本食は日本より高いです)

子連れには快適、そして安全がイチバンです!
特に、短期での滞在時はいいホテルを選ぶのが良いかと。

いいホテルは立地もいいし、
設備やサービスも行き届いているので
レストランを探したり
交通の便を確認したりする手間が省けます。

長期滞在ではそれもまた楽しみの一つですが
時間を有効に使うためにもホテル選びも重要ですね。

クアラルンプールは、街の中も緑が多くあり
清々しいです。

ペナン、イポー、キャメロンハイランドなども
ほどよく都会、ほどよく田舎で良さそう!

特に、キャメロンハイランドは一年を通して軽井沢のような気候で
オーガニックの農作物なども盛んな健康的な街で
日本人が住みやすいらしいので
密かに注目しています。

マレーシアも、いいかもしれない♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *