バンコクの幼稚園

夫の仕事の関係で去年タイに行くことが多かった我が家は、寒がりの私が冬を快適に過ごすため、今年の冬1月から3月までバンコクに滞在していました。

夫は仕事で日本を行き来していたので半分以上はいなかったのですが普通に生活してみたかったので、5歳の息子はバンコクの幼稚園に行ってみました。

タイは、比較的安全で、バンコクはL.Aに続く2番目に日本人が多い都市。
日本人街もあり、日本のものも手に入りやすいので、私たち日本人にとって過ごしやすい国の一つだと思います。

幼稚園も迷うほどたくさんありましたが、何軒か見学に行きKiddy幼稚園にいくことにしました。

少し前に転園したとのことで、建物も施設も新しく、とてもきれいでした。
スクンビットSoi34にあります。
玄関

園庭には、小さい子供も遊べる車やスケーターなども

プールは3月から

園バスもあり、送迎も頼めます

タイ人オーナーの幼稚園でしたが、担任を持つ先生は日本人、サポートはタイ人のようでした。
通っている国籍は、ほとんど日本人でしたが、タイ人のハーフの子や、西洋の子もいました。
日本語を話してくれるので安心でしたが、長くタイに住んでいる子はタイ語を話せる子も多かったようです。

これは、いつも持って行く持ち物。

・色鉛筆
・上履き
・着替え
・水筒(水)
・歯ブラシ&コップ
・お手拭きタオル
・筆箱
・はさみ
・連絡帳
・カトラリーセット

給食も出るので、お弁当は不要です。
これをリュックに入れて持って行っていました。

我が家は9時から3時までお願いしていました。

【幼稚園での1日】

朝:みんなが集まるまで各自本を読む

おやつ:朝からチョコチップクッキーが配られる!お代わりもOK(笑)

午前中:英語、タイ語の練習、ピアニカ、そろばん、などのおけいこ。そのあと、園庭に出て遊ぶ 運動会の練習など

お昼:園で作ったタイスタイルのランチ。(息子曰く、あまり野菜はないようでしたので栄養バランスは??お弁当を持ってきていた子もいました。さすが日本のお母さん!)

午後:外で遊ぶ

おやつ:軽いスナックと牛乳など

時間外は、サッカー、ピアノ、ダンス、英会話の各おけいこごとも充実していました。

この写真は、調理実習のときのもの。
日系スーパーに材料を買い出しに行き
みんなでカレーを作ったようです。


私の地元からきている電車好きのお友達と意気投合している息子^^

日本とは、また少し違ったスタイルですが
担任の先生もとてもいい方で、のびのびとした雰囲気がありました。
ゆるいなかにもいろいろと気遣いもしてくださり、楽しく幼稚園に通うことができました。

結構小さい子から一時保育もOKのようなので、タイにいってお母さんだけ買い物したい!マッサージ行きたい!とかのときにもいいかもしれません^^
Kiddy幼稚園 バンコク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *